Bloodborne(ブラッドボーン) プレイ日記 その13

ヤーナムの影

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417131034

何度挑戦しても『ヤーナムの影』に勝てないので、他のプレイヤーさんに協力してもらう事にしました。

出来れば1人でクリアしたいのですが、せっかくマルチプレイが出来るのですから1度くらいいなら。

で、前回何度呼び出しても誰も来てくれなかったのですが、今日やっとマッチングしました。

協力してくれた方が敵2体の相手をしてくれたので、こっちは1対1で戦えたので楽でした。

確かに1人で戦うより楽でしたが、自分が死ぬと終わりですから緊張しましたね・・・

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417131359

他のプレイヤーさんのおかげでやっと先に進めます。

ていうか、全く会話は無いですが協力プレイ楽しいですね。

これから先のボスも、何度か挑戦して駄目だったら協力してもらう事にします。

というわけで、『禁域の墓』の灯りを点けました。

ビルゲンワース

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417132211

次にエリア『ビルゲンワース』に着きました。

灯りがすぐにあったので点けておきました。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417132510

で、先に進もうかと思ったのですが、確か『教区長エミーリア』と戦った大聖堂の右に古教会があるって話でしたね。

Bloodborne(ブラッドボーン) プレイ日記 その10
聖堂街 これをクリアするまで買わないと決めたのに・・・ 昨日『ダークソウルⅢ』買っちゃいました。 まだ少ししかプレ...

以前行ってみたのですが、途中でやられてしまってそれっきりでしたのでもう1度行ってみる事にしました。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417133402

今度はやられずに先に進めました。

これが古教会なんでしょうか?

とりあえず、入ってみました。

奥に扉があったのですが開きませんでした・・・

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417133445

で、いきなり大きな手に掴まれてムービーが流れました。

でっかい蜘蛛か何かに掴まれたようです。

教室棟

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417133504

『教室棟』って新しいエリアに連れてこられたみたいです。

目の前に灯りがあるので、いつでも『狩人の夢』に戻れますね。

とりあえず、探索してみました。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417134035

『講義室の鍵』を手に入れたので、鍵のかかってた部屋に入ってみました。

すると、大量の敵が・・・

結構リーチが長くて強かったです・・・

あっという間に回復が尽きてしまったので、灯りまで逃げて『狩人の夢』に避難しました・・・

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417134351

もう1度『教室棟』に行ったのですが、今度は『講義室』は無視して奥の扉を開けました。

ここから、外に出られるようです。

悪夢の辺境

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417134407

外に出られたのですが、またわけ分からんところに・・・

ここも、目の前に灯りがありました。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417134426

少し進むと『鐘を鳴らす女』が、不吉な鐘を鳴らしていると・・・

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417134744

ずっと進んで行くと、鐘の音が大きくなってきました。

すると、目の前から狩人がやってきました。

輸血液が0・・・

でも、負けても灯りが近くにあるのでいいかと思って戦っていたら、後ろから銃で撃たれました・・・

もう1人いました・・・

当然やられました・・・

さすがに狩人2人同時は厳しいのでここは後回しにする事にしました。

そういえば、結局大聖堂の右に進んでも扉が開かなくて先に進めなかったどころか、こんなわけの分からんところに飛ばされただけでしたね。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20160417135310

で、よく考えたら大聖堂の右って、正面から見たら左じゃないのかな?

というわけで、次回は左の方に進んでみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)