慟哭そして… プレイ日記 #1

慟哭そして…
慟哭そして…_20180426115843

慟哭そして…

『慟哭そして…』始めました。

昔セガサターンで発売されたアドベンチャーゲームのHDリマスター版ですね。

まさか、リマスター版が出るとは思わなかったですね。

セガサターン版持ってたのですが、バッドエンドしか見てなかったのでホント嬉しいです。

今度はクリアしたいですね。

で、ただリマスター化しただけじゃなくて、イベントCGが追加されたりシナリオも加筆されてるようです。

他にもヒント機能もありました。

けど、1週目はヒント無しで進めたいと思います。

主人公は高校2年の『時田一也』

終バスで帰宅途中ですね。

前方の席には男性が。

隣の席にはクラスメイトの『笹本笹本梨代(ささもとりよ)』。

梨代はピアノの練習で遅くなったようで、バスを降りてから家に帰るまでが怖いと…

最近、このあたりで行方不明者が出ているそうです。

まずは、『小笠原直海』という女子高生。

それと、郵便配達員も配達中に行方不明になったそうです。

途中、停留所から乗客が入ってきました。

女性と老人。

女性は主人公達の学校の『椎名真理絵』先生でした。

真理絵先生は後ろの席に座りました。

主人公達には気付いてないようです。

そして、真理絵先生の隣に老人が座りました。

真理絵先生は、老人の事を特に意識している様子はありませんでした。

その後も、梨代と話していると突然クラクションと急ブレーキをかける音が。

そして、凄い衝撃が。

事故ったようです。

主人公はとっさに梨代を庇ったのでしょうか。

頭を打ったのか、そのまま気を失ってしまいました。

目の前で少女の悲鳴が。

少女の体には、赤い刻印がついていました。

目が覚めると見知らぬ部屋にいました。

今のは夢だったようです。

起き上がると額から濡れたハンカチが落ちました。

というわけで、いつも通り時間がないので今回はここまで。

にしても、ほとんど忘れてますね。

謎解きとかあるので、返ってその方がいいですね。

コメント