『イグジストアーカイヴ』プレイ日記 その3

第四章 魂の気配

Exist Archive_20151219094857

幾つ目のクエストか忘れましたが、やっと2人に会えました。

女の方が『スザク』

Exist Archive_20151219094908

男は『なめろう』

本人は名字の『轟』と呼んでもらいたいようですが・・・

Exist Archive_20151219095002

と、ここで何か強そうなのが・・・シャサールですね。

カナタとシャサールの間に、槍を持った女の子が割って入ってきました。

ここでクエスト終了。結構消耗してたので、あのまま戦ってたら絶対負けてたでしょうから助かりました。

そして、スザクとなめろう、女の子の3人もバトルに参加できるようになりました。

Exist Archive_20151219095200

スザクの武器はウィップ。

Exist Archive_20151219095207

なめろうはグレネードランチャーです。

Exist Archive_20151219095214

そして、女の子は『ランゼ』

東京でカナタが爆発事故に合った時に一緒にいた子です。

武器は槍じゃなくて薙刀みたいですね。

Exist Archive_20151219095355

なめろうとランゼは結構攻撃力が高いので、早速パーティに加えてみました。

このメンバーで、さっきのシャサール『グラマフェリオ』に挑みたいと思います。

Exist Archive_20151219095736

バトルが開始したら、『デモンズ・グリード』というのを使えるようになりました。

ヴァルキリープロファイルの決め技みたいなものですね。

攻撃をすると画面右下のゲージが溜まっていきます。

1.00で1人デモンズ・グリードを発動出来ます。最大の4.00まで溜まると、4人で連続発動出来ます。

Exist Archive_20151219100829
スクショ撮り忘れたのですが、ボスの前にはトゲの付いた球が複数浮いてました。

この球自体は攻撃してこないのですが、カナタやランゼの剣や薙刀は効きません。近づくとトゲでダメージを受けて攻撃がキャンセルされます。

とりあえず、なめろうのグレネードランチャーでトゲ球を全て破壊してから、全員でボスに攻撃を仕掛けることにしました。

ボスは魔法で攻撃してきますが、基本的に1人しかダメージを受けないのでしっかり回復してやれば問題なかったです。

たまに1列2人に対して攻撃してくる事もありますが、そこまでダメージは受けなかったです。

あと、トゲ球を全て破壊しても、また召喚してくることもあります。

が、召喚するとそれだけでボスの行動は終了するので、その時はラッキーですね。

まあ、あたトゲ球を破壊しないといけないですが。

Exist Archive_20151219101701

そして、グリード・ゲージがMAXになったところで、全員でデモンズ・グリードを発動してみました。

Exist Archive_20151219101718

なめろう。

Exist Archive_20151219101734

カナタ。

Exist Archive_20151219101743

ランゼ。

で、何故かコハルだけ発動しませんでした。

初めて使ったので、何故発動しなかったのかよく分からないのですが・・・操作ミスったのかな?

まあ、とにかくこれでボスを倒せました。

Exist Archive_20151219101922

で、バトル終了後の会話。

ランゼはカナタの婚約者なんですね。

Exist Archive_20151219102323

イベント後、アマツメのところに。

存在結晶というのを手に入れたら、アマツメのところに持って行って捧げると何か起こるようですね。

あと要らないアイテムをAMPというのに変換してくれるようです。このAMPは後々探索の手助けになるようですが、詳しい事はまだ分かりません。

Exist Archive_20151219102803

そして、次のクエストではもう9人目の仲間が出てくるようです。

ただ、推奨レベルに達してないので、他のダンジョンでレベルを上げてからにしようと思います。

ここまでのプレイ時間は約4時間です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)