『よるのないくに』 プレイ日記 #13

第4章 聖女の涙

第4章幕間ですね。

リュリュが休みをもらえるといので、2人でピクニックに行くことになりました。

場所はクリーブランド城跡。

リュリュの安全を確保するために、まずは邪妖を一掃することに。

そして、2人で夜のピクニックを楽しみました。

エレベーターから夢の世界の光が漏れ始めたので、ヨルドの祭壇に向かいました。

2人は自分達の意思で友達になったんだと思ってたら、でもそれは教皇庁に仕組まれたものでした。

アーナスはリュリュを守るために”夜の君”と死にもの狂いで戦う。

リュリュはアーナスを救うために”夜の君”を全力で封じる。

どっちに転んでも教皇庁の計画通りだと、夢の中のリュリュは言いました。

でも、アーナスはリュリュと出会えたことに後悔はないと。

と、ここで第4章は終わり。

あと、レベルアップの為にヨルドの祭壇に行った時の会話で、『聖女の封印について』を選択しました。

リュリュの友好度が上がりました。

サブシナリオですが、2発売まであと1週間ほどしかないので無視します。

というわけで、今回はここまで。

スポンサーリンク
レクタングル(大)