『よるのないくに』 プレイ日記 #4

第1章 少女は運命の名を呼ぶ

半年ぶりですね。

“よるのないくに”です。

基本的にフリープレイタイトルは優先度は低いです。

ですが、日記を更新してるのでいい加減プレイしないとですね。

とりあえず、今回は半年前に撮ったスクショがまだいくつかあったので、その分だけでも書いていこうかと。

ただ、半年前にプレイした部分なので、全くと言っていいほど記憶にありません・・・

なので、何となくで・・・

前回、リュリーティスを助けて第1章が終わったと思ったのですが、メイン期間が終わっただけで幕間期間というのがあるようです。

各章、4つシナリオに分かれていて、それぞれの達成度を100%にすると次の章に進めるみたいな感じですね。

ホテル機能の把握

というわけで、今回は『ホテル機能の把握』ですね。

達成度を上げるだけなら、右に書いてある通り支配人に話しかけ、リュリーティスとの約束を果たせばいいだけのようですね。

ただ、幕間期間で起こるキャライベントなどもあるようなので、気を付けないといけないですね。

期間限定イベントとかもあるのかな?

支配人に話しかけると、依頼を受けられるようになりました。

サブクエスト的なものでしょうか。

あと私の嫌いな闘技場が解禁されました。

課題をクリアすればアイテムやお金が貰えると。

リュリーティスと散歩へ。

約束してましたからね。

何か妙な男2人が島にやってきました。

次のスクショがこの場面になってました。

何故またこの場所に来たのか分かりませんが・・・

確か、前回この場所で”夜の君”から剣を受け取って、変身できるようになったんでしたね。

で、今回は”夜の君”ではなくて、『魔剣ヨルドの番』を任されているという”教皇庁の巫女”がいました。

リュリーティスそっくりですね。

ここで『血の奉納(デスダン)』というのを行えるようになりました。

で、この恰好は血の奉納をするための正装のようです。

素晴らしいですね。

デスダンとは、敵を倒した時に入手したBloodを使って、アーナスのレベルを上げられるようです。

レベルが上がるとスキルが開示されるようですね。

これだけでは、まだスキルは使えないようです。

スキルポイントを使って修得するようですね。

そのスキルポイントは血の奉納で入手できると。

スキルの成長もできるようです。

それにしても、この黒猫は教皇の使いだったんですね。

そして教皇は”あの子”が裏切ったときのために、念のため手を打っておいたと言ってるのですが、あの子ってアーナスの事かな?

半年も前の事なので、スクショだけじゃ話の流れが分からないですね・・・

というわけで、スクショはここまででした。

次回からは、プレイしたらすぐに更新するようにします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)