BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 プレイ日記 #1

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

あの岸田メル先生がキャラデザと監修を手掛けた”BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣”購入しました。

買ったのはプレミアムボックスです。

サントラやポスターなどが入ってます。

PV見てて曲が良かったので、サントラの付いてるプレミアムボックスにしました。

序章 踏み出した一歩

主人公の”白井日菜子”ちゃんですね。

夏服着てるので夏ごろだと思うのですが、この日が初登校のみたいですね。

足を怪我して、その影響で入学式に出られなかったようですね。

職員室に入ろうとしたら、中学が一緒だったという”西田早苗”ちゃんが声をかけてきました。

クラスは違ったみたいなので、日菜子は知らないようですが。

日菜子はバレエで有名だったみたいですね。

早苗ちゃんは日菜子ちゃんの足のことを知ってるようですね。

怪我が原因でバレエをやめちゃったんですね。

憧れの日菜子と同じ高校に通えて嬉しいと早苗は言うのですが、どうも様子がおかしいですね。

何か出てますね。

他の生徒には見えないようです。

と、気付くと見知らぬ場所に。

そして、目の前に魔物が・・・

いきなり魔物が襲い掛かってきて、日菜子は吹き飛ばされて川へ。

透けてますね。

どこからか声が聞こえてきました。

女の子の声ですね。

2人いるようですが、姿は見えません。

女の子たちは『その指輪をしているあなたは、戦える』と。

指を見ると、いつの間にか指輪が・・・

そして、指輪が光り出して、変身しました。

この姿だと、足も普通に動くようです。

武器を出して、初めてのバトルです。

といっても、チュートリアルなので通常攻撃くらいしかできないですが。

画面上のタイムラインで行動順を確認できますね。

バトルが終わると何か光の玉みたいなのが出てきました。

触れると、早苗の声が聞こえました。

この声は早苗の本心みたいですね。

現実に戻りました。

早苗は元に戻ったようですね。

教室であいさつをして、席に座ると・・・

両隣の女の子たちが声をかけてきました。

あの異世界で聞いた声ですね。

と、ここで序章終了。

まだ始めたばかりで何とも言えないですが、良いんじゃないでしょうか。

とにかく岸田メル先生の描く女の子は可愛いですね。

それだけで十分です。

というわけで、今日はプレイする時間があまりないのでここまでですね。

次回からが本番ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)